So-net無料ブログ作成

山中湖でキャンプ [ ┗ その他キャンプ場]

407SWのキャンプ用品積載の問題も解決したところで、8月の終わりに山中湖へキャンプへ行ってきました。
山中湖へは2泊3日の日程で、1泊目はキャンプ場,2泊目は会社の保養所での寝泊り。

キャンプ場は今回、撫岳荘を利用。
ここのキャンプ場、設営場所は指定されず早いもの順なので、早めの出発です。

キャンプ場に着くとどうやら一番乗り。
カミサンの斥候行動の結果、比較的開けた場所を発見。但し少々盆地状態になっていて、車で坂を下りないといけない。
若干不安がよぎったものの、「ええい、ままよ!」そのまま407で突入。

結果、

スタックしちゃいました(涙)
思ったより地面が緩く、左フロントタイヤが空転。ボディ下部が地面と接触して亀の子状態に。
落ちていた薪をタイヤ下に敷いて何とか脱出しましたが、アンダーカバーの留め金がひとつ外れてしまいました。(12ヶ月点検のついでに見てもらわないと...)
冷静になって見回してみると、反対面にも進入ルートを発見。しかも、こちらの方がスロープが緩やか。
あ~ぁ、突入前によく確認していれば(涙)

落ち込んでるワタシに、カミサンのひと言がヨカッタ。

「MPVだったら4WDあるよ」

あんた、何でそんな事まで知ってるのさ!
どうやらこのひと、本気でMPVに買い替えたいようです。


いつまでも落ち込んでいても仕方ないので、設営設営・・・

サイト全景


イーグルサイトではアウトドアリビングがあったので、必要が無かったタープ。
今回持ち込んだのは、コールマンのスクリーンキャノピータープII

スクリーンキャノピータープ

購入してからキャンプまでテスト設営時間が取れず、ぶっつけ本番でしたが、テント(コールマン)と組み立て方の基本は同じなので、特に迷うことなく設営できました。
ただ、マジメにロープ張りをすると結構な数のペグ打ちをしなければならず、時間が掛かってしまいます。時間短縮が今後の課題。


設営後、簡単に昼食を済ませ、辺りを散策。山中湖までは歩いて2~3分。
チビ助と一緒にルアーを投げてみましたが、当たりは全く無し。
ワタシ、バス釣りは十数回やりましたが、自慢じゃないけど1匹も釣り上げたことありません。(ヒットはあり)
まぁ、今回はチビ助のキャスティングの練習と言うコトで、次の機会にリベンジ!


夕食は、カミサン作のドライカレー

夕食はドライカレー

レシピはこれと一緒。
お味は上々でしたが、子供達にはチョット辛かったらしく不評。
キーマカレーはミニ助も好きなのにねぇ。


夕食の後はお風呂。
撫岳荘キャンプ場は、ホテル撫岳荘に隣接されてます。(というより、ホテル撫岳荘の施設の一部)
なので、ホテル撫岳荘のお風呂が利用できます。料金は、大人500円,子供300円。
これはポイントが高いですね。
一応、キャンプ場にはコインシャワーが設置されてましたが、寂れていて、ほとんど使われていないようです。やっぱり、お風呂があるならそっち行っちゃうよなぁ。


撫岳荘キャンプ場の朝

翌朝、目を覚ますと5時。
キャンプ場では、自然と早起きしちゃいますね。前の晩寝るのが早いのもあるんでしょうけど、寝てるのが勿体無い感じ。


退避した407

夜、雨が降ってぬかるんだら脱出不能なので、車は前日のうちに盆地から避難させときました。


山中湖の朝

ひと通り身支度をしても、カミサンや子供達は寝ていたので、カメラをぶら下げひとりで山中湖へ散歩。
朝、うろついて写真を撮るのがキャンプでの恒例行事となりそうです。


前日は曇っていたので富士山が見えませんでしたが、
早起きはしてみるもんです。


鏡富士

傘雲を被った富士山に出会えました。
正に、早起きは三文の徳。


寝ぼけ眼で起き出してきた、子供達の尻をたたいて朝食を済ませ、速やかにキャンプ場から撤収。(実際はテント,タープの撤去に手惑い、全然速やかでなく)



2日目に向かったのは、


富士急ハイランド

富士急ハイランド

といっても、絶叫マシンはスルー。


うきうきクルーズ

目的地は、トーマスランド
ミニ助は最近、トーマスがお気に入りなのです。


トーマスとパーシーのわくわくライド

チビ助も昔トーマスに嵌っていて、トーマスランドには2回連れてきてあげたので、今回が3回目。
また来る事はあるのかな?


やって!TRY!

フードスタジアム入り口前では、平成の常識やって!TRY!のロケが行われていました。料理は、アジの南蛮漬け。
先日放送を見ましたが、残念ながら、この時作っていた方は放送されず。


山中湖にとんぼ返りし、この日は保養所に宿泊。
本来は、夜に富士山に行き星空を眺める予定でしたが、雨がパラついてきたので断念。
これまた来年にリベンジです。


3日目は早めに帰宅して、その日のうちにキャンプの後片付けをする算段。

まずは山中湖でスケジュールを消化。

スワンボート

ミニ助のご希望、スワンボートに乗り。


スワンボート乗り場にスワンが

スワンボート乗り場で、生スワンにご対面。

チビ助のご希望で、だんご茶屋つちやのはちみつソフトを食す。(コレ、かなり美味しかったです。オススメ!)

山中湖を後にし、西湖方面へ。

富岳風穴

富岳風穴と

氷穴の氷

鳴沢氷穴を見学。

お昼を食べて、帰宅したのが午後4時前。
それから、バタバタと後片付けをして暗くなる前に、カミサンは洗濯,ワタシはルーフBOXの撤去まで終わらせちゃいました。


山中湖でのキャンプ、ブラックバスを釣り上げる,富士山で星空を見るを果すまでは、来年以降も夏の恒例行事となる事が家族会議で決定されました。

ちなみに、チビ助の野望は山中湖のソフトクリーム屋のコンプリートだそうです(笑)


傘を被った富士山


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 7

せんべい屋

こんにちは、
森の中の良い雰囲気のキャンプ場ですね、

昔バイクで行った、上高地 河童橋近くのキャンプを思い出します。
(昔なので バイクで入ることが出来ました)

ところで、プジョー407 車高の低さと、オーバーハングの大きさで
やはり、ダートは苦手と・・・・・・・・特にぬかるんだ所は要注意ですね。

タウンエースで昔、海岸の砂浜でスタックしかかった事ありましたが、
・・・・・・・・・本当に冷や汗物でした(恐)
by せんべい屋 (2009-09-12 16:58) 

Kei

家族でキャンプ。楽しそうですね~。
私も行きたいと思うのですが、妻が「御飯が出てくるところがイイ」なんて言うもので・・・(^^;)

MPVだったら、3列目を倒してお子さんの自転車を載せたりできますよね~(^^)

富士山の写真にnice×10!!

by Kei (2009-09-12 18:06) 

katsumushi

>せんべい屋さん
ルーフBOX付けてしまうと、RVな気持ちになって「なんだかいけそうな気がする~ぅ」と...
スタック時は当然あごもギリギリで、ナンバー上げてなかったらアウトでした。
カミサンがMPVと言った時、ワタシの頭の中にはA6オールロードクワトロが浮かんでました(笑)

砂浜でスタック、怖いですねぇ。


>Keiさん
御飯はKeiさんが作って出せば大丈夫でしょう。お嬢さんも手伝ってくれそうですしね。
うちの子はあてにならないんですけど...(涙)


by katsumushi (2009-09-13 07:56) 

matsu

傘雲を被った富士山、良いですね~。

私は同じコールマンのスリーポールスクリーンタープを使っているんですが、
やはりペグ打ちが多くてかなりゲンナリします。
キャノピーⅡって後継になるんでしょうか?
設営のしやすさは大分向上しているようにも感じますが、
やっぱりそれなりに大変なんですね。
by matsu (2009-09-14 01:00) 

katsumushi

>matsuさん

>キャノピーⅡって後継になるんでしょうか?

う~ん、どうなんでしょうね。
販売中のスクリーンタープ中、キャノピーⅡは最廉価モデルで(テント接続用のフラップが羨ましい...)、生産が終わっちゃってメーカー在庫も無しみたいです。

ペグ打ち、大変なんですけど、実は意外と好きだったり・・・(笑)
いい角度でサクッと打ち込めると、快感~

ところで、E61ならルーフBOX無くても結構な量飲み込めちゃうんでしょうねぇ
まぁ、それでもサバーバンには敵わないでしょうが(笑)

by katsumushi (2009-09-15 01:51) 

へとへと

随分とハードスケジュールですねぇ。
翌日は大丈夫でしたか?

キャンプの早朝の写真撮影って何か心惹かれますね!
キャンプに行きたくなっちゃいました。

ちなみに、寒い時期のキャンプは寒さが辛いですが、自然の冬景色は最高ですよ!!

by へとへと (2009-09-26 23:31) 

katsumushi

>へとへとさん

>翌日は大丈夫でしたか?

圏央道のおかげで、山中湖からは2時間かからないで帰ってこれたので、へっちゃらでしたよ。

冬景色ですか、イイですね~
でも、うちの装備はお気楽仕様なので、冬仕様を揃えるとまた出費が(汗)

コラボでキャンプやってみたいですねぇ。
来シーズンあたり、企画してみようかしらん。

by katsumushi (2009-09-27 07:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る