So-net無料ブログ作成

TDSホテルミラコスタにお泊り [お出かけ]


個人的なコトですが、今年は結婚10周年にあたります。
結婚したのは4月なのですが、色々な都合があり10周年記念イベントは9月の24日・25日に行ないました。

気持ち的にはパアッと海外にでも行きたかったんですけど、特に積み立てもしてなかったし、この不況の折あぶく銭もあるわけないので、国内で我慢。(せっかく円高だってのに...)

で、どこに行ったかというと、東京ディズニーリゾートにお泊り。
うちからTDRは車で2時間かからないので、基本日帰りの認識で、お泊りしちゃうというのは、我が家にとっては贅沢なこと。

駐車場からミラコスタ

宿泊先は、東京ディズニーシーホテルミラコスタ。

安く上げるなら旅行会社のパックなんでしょうけど、今回は記念日なので奮発してディズニーリゾートのバケーションパッケージに申し込んでみました。
申し込んだコースは、アトラクションをめいっぱい楽しむ2DAYSの東京ディズニーシーホテルミラコスタ,ポルト・パラディーゾ ・サイド スーペリアルーム ハーバービュー


宿泊者は、宿泊日の0時からホテルの駐車場を利用できます。
8時にホテルに到着し、荷物をクロークに預けました。

ガリオン船

舞い上がって撮ったので、ガリオン船がお尻なのにも気づかず(笑)

この時間からチェックイン手続きはできますが、先にチェックインすると部屋に入れるのは16時半以降になるそうです。
疲れちゃって直ぐ部屋に入りたくなるかもしれないので、チェックインは後回し。


1日目は、ミラコスタのあるディズニーシーで過ごしました。
宿泊者は正規オープン時間の15分前に入場できるので、ホテルにロビーにできていた列に並びます。
そしていよいよ開場。
実は我が家、ディズニーシーは初めて。一応、行くアトラクションの場所はチェックしてましたが、地理が全く頭に入っていない。
周りのダッシュに感化されカミサンも走りますが、あなた方向あってる?
何とかたどり着いた先は、エレクトリックレールウェイ。ところがお客は誰もいない。そりゃそうでしょう、普通、最初から電車なんて乗らないでしょうに。
結局、我が家で貸切り状態となったエレクトリックレールウェイはポートディスカバリーへ向かうのでした。(でも、ディズニーのアトラクションで貸切って初めて!)

ポートディスカバリーのアクアトピアで目を回した後は、アメリカンウォーターフロントまで今度は電車に乗らず歩いて移動。

ミステリアスアイランドからのミラコスタ
うちが泊まる部屋どこかな?


ここではタートル・トークに入ってみました。
タートル・トーク、始まるまでは馬鹿にしてたんですけど、ここ面白いですね~。
亀のクラッシュのアドリブ、下手な芸人よりよっぽど上手。

この後はお土産を物色。
ここでまた宿泊者の特典。買った商品はホテルのクロークまで届けてくれるのです。お土産持ってウロウロしなくてイイのは嬉しい。


お昼近くになったら、バスターミナルに。

ディズニーリゾートクルーザー

バスに乗って向かった先は、ディズニーアンバサダーホテル。

わざわざアンバサダーまで来た目的は、

シェフ・ミッキー

シェフ・ミッキーでランチ。
本日昼間のメインイベントです。

シェフ・ミッキーメニュー

ブッフェ(食べ放題)ということもありますが、ランチにしてはなかなかのお値段(苦笑)
ここでお昼を食べる理由は、

ミニーとパチリ

食事の合間に、ディズニーキャラと写真が撮れるコト。
子供達にとっては夢のような場所。
ただ、ミニ助は1年前、イオンでやっていたアンパンマンの着ぐるみとの記念撮影の時、大泣きした前科あり。ミッキーでも大泣きしやしないかと、シェフ・ミッキーの申し込時から心配してたんですけど、今回は大丈夫でした。(最初はビビッてましたが)

ミッキーにサインのおねだり


ちび助はノートとペンを持参してサインをおねだり。
(ノートを探して鞄をごそごそやっている間、「(写真撮らないの?写真撮らないの?)」とジェスチャーで聞いてきたミッキーがおもろかった)

ミッキーとパチリ

長居をした後は、リゾートラインでディズニーシーに戻りました。

午後は、マーメイドラグーンとマジックランプシアターへ。
マジックランプシアターではバケーションパッケージ特典のひとつ、ファストパス・チケットを使用。
ちなみに、アトラクションをめいっぱい楽しむ2DAYSには6枚のファストパスが付いてきます。


マジックランプシアターが終わったところで16時、ホテルにチェックインして部屋でひと休みするコトにしました。
ロビーに戻ると結構込んでいて、チェックインが終わったのが16時半。結局、朝チェックインしといても一緒でした(苦笑)

ミラコスタロビーの天井

ロビーの天井が綺麗。

チェックインはカミサンに任せていたので、子供達と一緒にロビーで写真を撮ったりして待ってたのですが、気がついたのがホテルの方が皆がニコニコしているコト。
TDLは基本的にキャスト(って言うんですよね)がニコニコしてますが、ここは更にニコニコしている感じ。
夢の国のホテルって感じで、とてもイイ気分にさせてもらいました。

我が家が通されたのは3階の部屋。

ミラコスタ客室1

ミラコスタ客室2

ミニ助は部屋に入って直ぐベッドでリラックス(笑)


ミラコスタの部屋から望むプロメテウス

ハーバービューというだけあって、部屋の窓からは火山プロメテウスを正面に港が一望できます。

部屋でひと休みした後、またショップにお土産を物色しにディズニーシーまで出て行き、夜のショーが始まる時間にまた部屋へ戻ってきました。

S.S.コロンビア号ライトアップ

ライトアップされた、S.S.コロンビア号を部屋から

夜のプロメテウス

火山中腹の光の筋は、センター・オフ・ジ・アースの地底走行車のライト。


19時半、いよいよディズニーシー夜のショー、ブラヴィッシーモ!の始まり。
このショーを部屋から観たいが為に、少しお高いハーバービューの部屋を取ったのです。

ブラヴィッシーモ!オープニング

オープニングでミッキー登場


水の精

水の精が姿を現し、


火の精

水の精と入れ替えに火の精が炎を上げます。

火の精と水の精の出会い

水の精が再び姿を現し、炎の精と出会います。


たくさんの人が・・・

港の周りは、まさに黒山の人だかり。
ホテルの部屋から、ゆったりとショーを観ることができ、ちょっぴりセレブ気分も味わえました。


夕食も贅沢にホテルでルームサービスとも思いましたが、メニューを見た途端、小市民根性が復活。メニューを静かに閉じ、ディズニーシーのカフェ・ポルトフィーノまで食べに出ました。

ミラコスタ客室を望む

夕食の帰りに自分達の部屋を確認。
丁度画面中央、2階のバルコニーの端の上の電気が消えている部屋がそうです。
次に来るときには、「あの部屋に泊まったんだ・・・」っておセンチになるんだろうなぁ。

部屋に戻り、お風呂(ユニットバスではなく洗い場があって湯船につかれるお風呂でした)に入り、ダラダラしながら就寝。
22時半過ぎに窓の外を見てみましたが、ゲート方向に向かって歩いている人がチラホラと。
22時になった瞬間に『ほれほれ』と追い出したりはしないでしょうけど、結構遅くまで残っている人がいるんですね。
実際にゲートが閉まるのは何時なんだろう。

なんて思いを馳せてしまうのも、宿泊者ならでは。


-2日目-

目覚ましは6時にセットしたのに5時過ぎに目が覚めちゃいました。

港町の朝

早めに寝たせいもありますが、気持ちが高揚して、体内時計がキャンプの時と同じになってるんでしょう。
あぁ、このまま誰もいない園内を散歩して写真撮りまくりたい。

1日目は何とか持った天気ですが、この日は明け方からお昼過ぎにかけて雨の予報。
実際、起きた時には雨がパラついてました。
朝の支度をし、子供達をたたき起こして朝食。
朝食を食べている間にも雨脚はどんどん強くなり、8時過ぎにホテルをチェックアウトする時にはかなりの大雨。
ちなみに、チェックアウトしてもクロークで荷物は預かってもらえます。

2日目に遊んだのはディズニーランド。ディズニーシーステーションからリゾートラインに乗りディズニーランドへ。
ランドもホテル宿泊者は宿泊者用ゲートから入場でき、一般ゲートより並ばないで済むのですが、雨のせいでバタバタしてしまってゲートにたどり着いたのは開園時間後。せっかくのメリットを活かせず、残念。

ディズニーランドは、ちび助にとっては3回目,ミニ助はお初。
家族全員で乗れるアトラクションは限られているし、伝家の宝刀ファストパス・チケットはあと5回分残ってるし。
急がなくてもいいのだけれど、ゲートをくぐると早歩きになるカミサン、たぶん、入園したら焦るのはもう条件反射で癖になってるんでしょう(笑)

とりあえず、あまり並ばずに乗れるピノキオでミニ助の肩慣らし。ところがミニ助、若干怖かったらしい。彼の怖がりは相当なモノ。
この後、スモールワールドに行き、お次はファストパスでホーンテッド・マンションに突入。ちなみに、ミニ助はやっぱりどっちも怖かったそうです。まぁ、ホーンテッド・マンションはお化け屋敷なので怖がっていいんだけど。

その次はジャングルクルーズとウエスタンリバー鉄道。これはミニ助平気な様でした。暗い室内に人形が出てくるのが、ダメなんでしょうねぇ。


2日目はランド

11時近くになると、雨は止み晴れ間もチラリと。


雨が上がったので、期待していたお昼のパレードのハロウィーン仕様『ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル』の午前公演は、“中止”にはならなかったのですが、

パレード雨仕様

雨の日の特別プログラムとして、カッパを着たキャラクター達がサラリとパレードしていきました。
こんな天気じゃないと観られないので、ある意味ラッキーかな。

この後、カリブの海賊で時間調整をし、13時45分からのウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル2回目に備え場所取りをしながらお昼。(ちなみに、お昼はバケーションパックにランチケースが付いてます)
場所取りをしたのは、クリスタルパレス・レストランの前辺りのベンチ。
たまたま空いていたというのもありますが、ロケーション的にもなかなか良いところ。
とうのも、

パレードハロウィーン仕様

ウエスタンランドから入ってきたパレードが、丁度シンデレラ城をバックに回り込んでくるんですね。
ただ、ライティングまで考慮できなかったのがワタシの限界。
もろ逆光になってしまい、キャラクターの顔が黒つぶれてしまいました(汗)
お恥ずかしいので、写真はこの1枚でご勘弁を...


午後のパレードの後は、エレクトリカルパレードまで、残り4枚のファストパス・チケットを使いアトラクションを満喫。

バズライト・イヤーのアストロブースター → プーさんのハニーハント → モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”と思って行ってみると故障の為休止中 → もう一度、バズライト・イヤーのアストロブースター → 復旧したので、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”
(ご近所さんが行った時もモンスターズ・インクは休止中だったそうです。このアトラクション、乗り物がかなり激しくガクンガクンするので、構造的にストレスが掛かりやすいのかも)

最後のモンスターズ・インクでファストパス・チケットを使い切ったところで、バケーションパッケージの特典は終わり。一般来場者と同じ立場になってしまい、ちょっと悲しかった...


夕方になったところで、エレクトリカルパレードの場所取り。場所は、午後のパレードと同じ所をキープ。夜なら逆光関係ないし。
パレードまでは大分時間があったので、私が留守番をしてカミサンと子供達を遊びに行かせました。夢の国でボーっとするのも悪くは無いですが、暇でした・・・


エレクトリカルパレードを撮影するのは今回で3度目。
前回撮ったのは4年前。

エレクトリカルパレード1

少しは腕があがったかな?


エレクトリカルパレード2

前回のパレードではいなかった、クラッシュ。
ディズニーシーのアトラクションは、良い意味で期待を裏切ってくれました。


エレクトリカルパレード3

モンスターズ・インクも前回は無かったような。


今までのディズニーランドでの行動だと、エレクトリカルパレードが終わったら、夕食食べてお土産買って帰っていたのですが、今回お土産は既に買っちゃってるので初めて花火を観てみました。

ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ

花火もハロウィーン特別プログラム。(シンデレラ城に、うっすらとカボチャの影が見えますね)
花火がいまひとつ筋を引いてませんが、人ごみの中三脚立てるワケにはいかず、手持ちだとこれ以上シャッタースピードを下げると手ブレするのでこれが限界。

花火のあと夕食をし、ディズニーランドを後にしました。
ディズニーランドからリゾートラインでディズニーシーステーションでホテルまで戻り、クロークから荷物を引き取り家路に。
ディズニー大好き!っていう程でもないワタシでも、ホテルから出る際は現実に戻りたくなくてなんともいえない悲しい気持ちに...


さて、1泊2日のバケーションパッケージを利用したTDR、とにかく快適で夢のような2日間でした。
朝早く出なくても駐車場は近いし、開園前から長々とゲートに並ばなくていいし、お土産沢山買っても持ち歩かなくていいし、疲れたら部屋に戻ってひと休みできるし、ショーは部屋でゆったり見るコトできるし、ファストパス・チケットがあるのでアトラクションはほとんど並ばなくていいし、etc・・・

一度味わったら病み付きになっちゃいます。「ディズニー行くなら泊まりでしょ、日帰りなんてせかせかして疲れるだけ」なんて、ちょっと嫌な奴になる位(笑)
但し、快適の代償としてそれなりにお金が掛かるワケで、ワタシのようなフツーのサラリーマンはそうそう泊まれるもんじゃない。
ディズニー積み立てをして、結婚20周年でまた行こうかなんて思ったりもしましたが、今7歳のチビ助は10年後は高校生。流石に親とTDRは行かないでしょうねぇ。5年後だって怪しい。

そう考えると、最初で最後のTDRのお泊まりだったかもしれないなぁ。
なんて思うと、切なくてまた涙がポロリとなるのでした...



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る