So-net無料ブログ作成
検索選択

SoftBank SELECTION 録画対応デジタルTVチューナー [GOODS]

iOS祭り第3弾です。

私、平日は比較的帰るのが遅く、夕食はもっぱらおひとり様。
ひとりで夕食を食べても物悲しいので、録画していた番組を見ながらモグモグ。(お行儀が悪いですね、スミマセン)
その際、ダイニングテーブルのレイアウト上、リビングのTVが背後にきてしまうので、リビングのテーブルに食事を持って行きリビングで夕食を食べるという、更にお行儀の悪いことをしてました。

そんな中、去年の5月にiPad2を購入したのをきっかけに、iPadでTVを見ようとI-O DATAのGV-MVP/XZ2を購入したのでした。ちなみに、GV-MVP/XZ2はWindows7を入れたVALUESTAR G タイプW
GV-MVP/XZ2でのTV視聴・録画視聴、観る事に関してはコマ落ちも無くそれなりに重宝してたのですが、以下の点に不満が。

・iPad版アプリ、高画質のTVStreamでの録画再生はホントに観るだけで、早送り・巻き戻しは未対応(APPの説明画面では出来そうなのに...)

・iPhone版アプリ、TVPlayerは早送り・巻き戻しが出来るが、iPhone3GS対応の為ドットが荒く、画質がイマイチ

・たまにiPadからmAgicTV(GV-MVP/XZ2のPCアプリ)が見えなくなるある。その場合はmagicTVの再起動が必要。最悪PCの再起動も。

・PCが起動していないとiPadからの視聴が出来ない。まぁ、当然ですが。

・チャンネルを選ぶ際、番組情報が表示されない。かといってザッピングしようとしても、チャンネル切替えは一度視聴画面を落とす必要があり、その視聴画面も立ち上がり時間がかかる。

と色々ありますが、1年以上キレることなく使い続けてきたってことは、そこそこ満足してたんですね。


ところが、今年の7月にある製品がSoftBank SELECTIONから発売されて。
ずーっと気になっていたんですが、GV-MVP/XZ2があるので見てないフリしてました。
そんな中でのiPad mini購入。
これがきっかけとなり、物欲大魔王ダムが決壊(笑)


20121126-233536.JPG

SoftBank SELECTION 録画対応デジタルTVチューナー SB-TV03-WFRC

パソコンに接続することなく、単独でiOSデバイスにTV画像を配信できるチューナーです。
外付けHDDを接続すれば録画も可能。


20121202-013449.JPG

外観は、何処となくAirMac Extremeに似ていますが、


20121202-014005.JPG

実際に重ねてみると、質感は明らかにExtremeの方が上。
両方ともプラスチックなのに何でだろ?

寸法は、TV03の方が微妙に幅が広く奥行きが狭いです。
こうして比べてみるまでは重ねて置こうかなと思っていたけれど、不釣合いなのでやめにしました。


20121202-014211.JPG

外付けHDDは、Probook 5220 SSD化の際SSDと入替となった2.5インチ250GBのもの。
HDDケースはセンチュリー シンプルBOX2.5 SATA/ブラック(CSS25U2BK)
特に使い道も無く遊んでいた、HDDの使い道がやっとできました。
250GBだと、録画時間はBS高画質で20時間程度。
1週間毎に観たら消す運用なので、容量的にはこれで十分です。

TV03専用HDDがUSBバスパワーなので、TV03本体も当然USBバスパワー出力に対応。2.5インチHDDケースのメリットがここにも生きてます。
更に、カタログには明記されていませんが、録画・再生していない時はHDDの電源が切れます。
試していないので断言できませんが、USBバスパワーでないHDDでも電源連動機能は動作しそう。


さて、実際にTV03を使ってみた感想ですが、GV-MVP/XZ2と比較すると

【TV03のここが○】
・PCに頼らないスタンドアロン動作
GV-MVP/XZ2自体の不具合で録画されなかったことはありませんでしたが、録画中にPCをシャットダウンされちゃったりして涙したことあり。
そうでなくても、やっぱり専用マシンは安心です。

・チャンネルを選ぶ際に番組情報が表示される
番組表も見れるし、無駄なザッピングが不要

・高画質
iPad2やiPad miniで観るなら必要十分。ブロックノイズも気にならないレベル。

・USBバスパワー対応でアクセス連動可
後述するwi-fiの関係で寝室に置いたので、外付けHDDが年中動いているとちょっと煩い。
録画・再生時以外でHDDの電源が切れるのは地味に嬉しいポイント。

・録画番組視聴の時間を気にしなくて良い
GV-MVP/XZ2は視聴時に録画ができなかったので、録画番組を見る時は録画予約が無いか気にしてたんですが、TV03は録画中の視聴が可能。しかも、追っかけ再生まで。


【TV03のここが×】
・Wi-Fiが切れない
iOSデバイスとの接続はAPモード,スタンドアロンモード,STモードの3種類ありますが、有線LAN接続できるのはAPモードで、TV03のアクセスポイント機能を切る事が出来ず、電波は垂れ流しになります。
かといって、STモードだとTV03⇔AirMac Extreme⇔iPadと無線経路が多くなるので速度に不安が。
TV03を接続する度にAPを切替えないといけないスタンドアロンモードは問題外。

無線LANが乱立する昨今、ご近所とのチャンネル干渉やセキュリティ的に、不要な電波を垂れ流すのは極力避けたいのにねぇ。
たぶん、PC無しでiOSデバイスと接続できるという仕様上、iOSとの唯一の接続手段のWi-FiをOFF設定を設けるリスクを避けたいのでしょうが。
でも、ハードウェアスイッチでWi-FiをOFFできるようにすればいいでしょうし、リセットがあるのだから最悪リセットして初期化させちゃうのも手。
ちなみに、AirMac Extremeも5GHzのみの運用が出来ず、5GHzを使いたい時はもれなく2.4GHzも垂れ流す仕様。
2.4GHzのデュアルチャンネルなんて、実質2チャンネルしか無いんだから、メーカーには無線LANの周波数資源についてもうちっと深刻に考えてもらいたいものです。

結局TV03の置き場は、ご近所さんからの電波が届いていない2階の寝室にして、APモードにて運用することに。
ここは、AirMac extremeからの電波が比較的弱いところでもあるので、寝室でextremeの速度が出ない場合はiPadのWi-FiをTV03に切り替えて使うのもアリかな。

・早送り/巻き戻しが遅い
早送り/巻き戻しはスライダー移動以外に15秒送り/10秒戻しが出来るのですが、この反応が遅い。
15秒送るのに5秒くらいかかる感じ。
一方TVPlayerは60秒送りの15秒戻し。
こっちの方が、CMスキップしたい場合には有効な時間設定です。
CMの時間て大体1分とか2分が多いので、CMに入ったらポンと1回送りをタップして、まだCMだったらもう1回タップ。
タイミングによって少し番組に食い込んじった場合は、戻りをタップして15秒戻す。
反応も早いし、とても使いやすかった機能でした。
TV03の方が高画質な分データも多いでしょうから、TVPlayerと同じような応答速度を求めるのは酷かもしれませんが、もうちょっと何とかして欲しいところ。

〔12/9 追記及び訂正〕
TV03は、送りボタンをタップした回数×15秒の早送り(巻き戻しは回数×10秒)が可能でした。
例えば、4回連続で送りをタップしたら60秒早送りになります。
これなら使い勝手は悪くありません。

・東京MXが入らない
チャンネルスキャンで東京MXが出てきません。
確かに我が家での東京MXの受信レベルは高くありませんが、GV-MVP/XZ2ではそれなりに受信できてました。(当然TVやBDレコーダーでも受信可能)
まぁ、東京MXを観るか観ないかといったら観ないのですが、観ようと思っても観れないのは気分がよくありません。(観るって字の乱打だw)

・一時停止すると音声が異常になる
長時間一時停止した後再生を再開すると、音声が0.5秒程度遅れ、時々音声が出なくなります。
バグだったら直して欲しいなぁ。


とまぁ不満点も多いですが、PCからiPad用TVチューナー機能を開放し、不安要素がなくなっただけでも十分元を取った気がします。

大晦日、家族間テレビチャンネル争いには負けるでしょうが、今年はリビングの隅っこでiPad抱えて、笑ってはいけないシリーズを満喫しようと思います(笑)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る