So-net無料ブログ作成

家族キャンプ [ ┗ その他キャンプ場]

どうも
インスタグラムはほぼ毎日投稿してるのに、ブログは1ヶ月放置してしまったkatsumushiです。

いや~、ネタはあるんですけどねぇ。
このところ長文を書く気力と時間が無くて。
それと、ちょっとまとめてキャンプに行っていたので、週末にあいた時間が取れなかったのです。


と、軽く言い訳をしてから本題。

GW明けの次の週、5/14・15の1泊でひだまりファームで家族キャンプをしてきました。
家族キャンプといってもファミキャンではありません。

父: ゆらパパさん〔インスタID:@yurapapa_y〕(ゆら家)
母: かつをさん〔インスタID:@katsuwo1005〕(父子)
長女: あっこさん〔インスタID:@akkochan0705〕(急用により涙の欠席)
長男: ハンガーさん〔インスタID:@hungersan〕(ソロ)
次女: 赤帽さん〔インスタID:@akabow_sy〕(ゆら家)
末っ子: コショウさん(後述)

という家族設定でキャンプをするという、ちょっと変な、誤解を恐れずに言うとちょっと頭のおかしいキャンプです。
そしてなぜか私は、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定で呼んでもらったのです。
まぁ、設定といっても特に何するわけでもなく、「おにぃ」とか「妹!」とか「かつをママ」と時々思い出したようにお互い呼びあうだけなんですけどね。
ちなみに、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定は個人的にはお気に入りのポジション。

自分で書いているうちに恥ずかしくなってきたので、家族設定云々に関しては以下ぼんやり書くことにします。

キャンプ地となったひだまりファームは貸切りとさせてもらいました。(貸切とハンガーさんの関係と、鶏と卵の関係については後述)
で、貸切りキャンプあるあるのみんなどんどん呼んじゃえということになり。

最終的に
にゅーいぶしぎんさん〔インスタID:@new_ibusigin〕(ソロ)
ユッジさん〔インスタID:@yudege_nky〕(ソロ)
meetさん〔インスタID:@go_meet〕(ソロ)
タカヒロさん〔インスタID:@takahiro.0214〕(ソロ)
ユキさん〔インスタID:@sasayuki.cha〕(ファミ)
ひろんぱさん〔インスタID:@metaldet〕(父子)

と大人数過ぎて、家族設定もなんだかよくわからない状態に(笑)

とはいえ真面目(←誰かつっこんで~)な私、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定を忠実に守り、コーヒー関係の仕込みは万端にして当日のキャンプに臨んだのでした。

そうそう、今回の参加者はユキさんとハンガーさんを除いては、お馴染みだったりご挨拶したことあったりして、まぁだいたい勝手知ったるメンバーなのであまり緊張も無かったんですけど...

お初のハンガーさんがかなり強烈なキャラクターで、家族キャンプのLINEグループのトーク内容の感じから、『ちょっとダメかも...』と思ってたのです。
どんなふうにダメかというと、ハンガーさんはかなりグイグイくるタイプで、私自身はあまりグイグイ来る人は苦手というか、どう対応したらよいか分からなくなっちゃうんです。
一応、人見知りは辞めたんですけどね(笑)

10時頃キャンプ場に着くと、かつを(ママ)さんが設営を終えたところでした。
相変わらずこの人は入りが早い!

私も負けじとリアカーに道具を乗せ設営に取り掛かります。


20160514_123701.jpg

コショウ家が共同リビングにしたいということで張った、焚き火タープコットンレクタ。
反対側をバッチリ空けておいたのですが、残念なことに急用が入ったとの事で、コショウ家は欠席。


20160514_134746.jpg

お腹を空かせた子供達がつまめるように、お昼兼おやつとして、キャンプクレストに引き続き揚げパンを揚げてみました。
定番のきな粉とココアです。


20160514_143840.jpg

一方、まったり過ごす大人たち。


隣の(変な)おじさんは、アイデンティティを守るために動きます。

20160514_170625.jpg

ピーチインピーチフラペチーノ風、別名桃のやつを家族の皆さんに振る舞います。

自分の仕事を終えた(変な)おじさんは自由気ままに場内をぶらぶら。


20160514_171537.jpg


20160514_173306.jpg

(変な)おじさんは夕食の仕込みは終わらせてきたので、家族の皆さんが夕食の準備をしている間、料理している様子を撮ってみたり、

20160514_173341.jpg

高台に上ってキャンプ場内の全景を撮ってみたり。

一見、のんびりお気楽な(変な)おじさんのように見えますが、料理に専念している皆さんに相手をしてもらえないだけともいう。


20160514_180058.jpg

(変な)おじさんが用意した料理は、次女からリクエストがあったローストポークとローストビーフ(韓国風)
悩まなくてもいいしハズレもないし、キャンプ飯でリクエストがあると逆に助かりますね。


20160514_183416.jpg

夕食は、それぞれの料理を持ち寄って一ヵ所に並べて、好きなものを食べていくというブッフェスタイル。

20160514_183732.jpg

見栄えはイイし、料理の撮影時間はちゃんと取れるし、ブロガー向けのスタイル向けでもあります。

まぁ、今回の参加者でいまだにブログ書いている人はほとんどいないんですけどね。
少なくとも(変な)おじさんの周りでは完全にインスタグラムが主流となっています。
そもそも(変な)おじさんもインスタほぼ毎日更新してる一方ブログはこんな感じだし。

あ、ブッフェスタイルは写真1枚で済むから、むしろインスタ向きか。

何はともあれ、細々ですが(変な)おじさんはブログの方も頑張っていこうと思います。

って、真面目か!


夕食が終わると

20160514_203916.jpg

炉の前に移動し、焚き火タイム。

が、すぐに赤帽さん(次女)に「かつむしさ~ん、出番だよ~」と呼ばれます。


20160514_194200.jpg


子供(孫)達がお楽しみの花火なので、(変な)おじさんは(変な)カメラマンに。


そして夜も更けた頃、遂にハンガーさん登場。

この人、とにかく手数が多い。
脊髄反射っていうか、脳で思ったのと同時にそれが言葉となって口から出ちゃってる感じ。
で、それの言葉がいちいち面白いという恐ろしさ。

確かに、最初の5分は正直ダメかもと思ったのですが、次第に『このひとはダイジョウブな方のひとだ』と思うように。
というのも、一見、ただマシンガンのように好き勝手に喋っているように見えて、合間合間に他の人に話を振ったりして、気を使っているのが見え隠れしてるんですね。
世の中には、まだまだ凄い逸材がいるんだなぁ。

で、結局最後には
「ダイジョウブな方のひとというより、スキな方のひとだ」
と思うように。

ハンガーさんは陰険キャンプのファンだそうなので、ご要望通り、陰険に褒め殺ししてさしあげました。


20160514_232114.jpg

本当は、夜はすごいかつむし(named by コショウ)のカメラでも姿をとらえることができない、落ち着きのない大きな子供なだけかも。


まだまだ、語らいは尽きないようですが、(変な)おじさんはモーニングコーヒーを淹れるという役割があるので、ほどほどのところで戦線離脱します。
あ、翌日の朝の仕込みもしておかないとね。


-2日目-

6時を回ったか回らないかくらいの時間、東屋の方から聞こえる声で目が覚めました。
テントから顔を出し東屋の方を見てみると、赤帽さんとハンガーさんが最大ボリューム(というかはなっから音量調整機能なんて付いてない)で話をしています。

『はは~ん、あの人たち寝てないな』

おはようございます、と挨拶に行くと、
「もう寝る」と、ハンガーさん。

「せっかく起きてきてやったのに寝るとは何だ!いいから座ってろ!」

と、暗唱しつつ、赤帽さんとハンガーさんにコーヒーを淹れてさしあげました。

モーニングコーヒーを飲ませて気が晴れた私は、朝食の準備に取り掛かります。
ハンガーさんは車に寝にいったようですが、飲ますもの飲ませた後なのでほっときます。

朝食の準備をしていると皆さん続々と起きてきました。
が、手が離せない(変な)おじさん、皆さんにコーヒーを淹れてさしあげることができません。

すると、赤帽さんがご自慢のMSRのリフレクターでお湯を沸かしてコーヒーを淹れ始めたじゃありませんか、
『しまった、赤帽さん寝てないからリフレクターとジェットボイルこっそり交換するのできなかった』
違った
『赤帽さん、ありがとう』
と暗唱しつつ豆炭を熾す(変な)おじさん。
結局今回のキャンプでは赤帽さんがコーヒー係を務めてくれました。
そして、赤帽さんが淹れてくれたコーヒーはとても美味しかったです。
もう、赤帽コーヒー無しではキャンプが成立しません。

ついでに赤帽さんも褒め殺ししてさしあげます。


(変な)おじさんが豆炭と格闘している間に

20160515_084339.jpg

かつを(ママ)さんがサクッと見た目もオサレなサンドを作ってくれました。
流石ママ!

みんなでがっつきます。

サンドが出払った頃にやっと出来上がった、(変な)おじさんが作った朝食は


20160515_085008.jpg

再々登場、フレンチトースト。
おばぁちゃんと一緒で、一度美味しいと褒められるとずっとそればっかり出すタイプ。


そうこうしていると、コショウさん登場。
今回は来ないパターンだと思ってたのですが、渡したいものがあるとかで律儀に顔を出してくれました。
どうやら末っ子は、やればできる子のようです。

陰険キャンプでもやる気を出してもらいたいところですが、やる気があるコショウさんは逆に怖いので、やっぱりそのままでいいです。


チェックアウト時間は14時くらいという事でノンビリしていると、

20160515_120812.jpg


20160515_120815.jpg

お昼が出てきました。
ちなみに、この餃子はユキさんが包むところから(もしかして皮から?)作ったもの。
撤収日にそんなところから餃子作る人初めて見ました。
ユキさんは今年キャンプを始めたそうですが、キャンプデビューが3月の野田公園(もちろんノー電源)、そしてこの餃子と、なかなかのポテンシャルを秘めているようです。
今回のキャンプでもみんなのキャンプ道具に感化されたそうで、ユキさんの動向に目が離せません。


ハンガーさんも朝寝から復活してきました。
そのハンガーさんにタンタン麺コールが飛びます。

そう、この人の作るタンタン麺、またの名をハンタン麺は絶品らしいのです。

20160515_120819.jpg

これ、肉味噌手作りなんですって。
いや~美味しかった。ハンタン麺サイコー!

最後にダメ押しの褒め殺しをしてさしあげます。



あ、貸切りとハンガーさんの関係についてまだでしたね。
インスタグラムに
『今回のキャンプは貸切りだから、ハンガーさんの声のボリュームも気にしないでよかったね』的なこと書いたら、赤帽さんに
「順番が違うよ、ハンガーさん来るから貸切りにしたんだよ。貸切りありきの家族キャンプなんだよ」
と指摘を受けました。

鶏と卵の問題の永遠のテーマですが、どうやらハンガーさんと貸切りの問題はすぐ結論が出ました(笑)


20160515_003654.jpg

これからの季節、貸し切りできるキャンプ場探すのは大変。
家族キャンプ向きのキャンプ場探しは、永遠のテーマになりそうです...


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る