So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

黒坂オートキャンプ場でぼっちデビュー [ ┗ その他キャンプ場]

もう半年経ってしまった去年の10月1日・2日の1泊で、黒坂オートキャンプ場に行ってきました。

このキャンプ、ある意味私にとって記念のキャンプでした。
どんな記念かというと

初めて完ソロに挑んだキャンプ、ぼっちキャンです。

『「テント張りたいね」とひとりで行ったから10月1日は、ぼっちキャン記念日』

以前から、ぼっちキャンプをするにあたってただキャンプに行くんじゃなくて、目標というかテーマを設定しなきゃねというのを考えてました。
それは、
・場所はロケーションがいいところ
・料理を少し頑張る

これが何を意味するかというと、写真映えするキャンプをしたいというワケなんですね。
まぁ、要するにブログやインスタグラムのネタ作りキャンプ。

ブログさぼってるけど(笑)


ロケーション的には、まずは夜景が綺麗なところをピックアップ。
パッと思いつくのはくりの木キャンプ場とパインウッドキャンプ場ですが、くりの木は11月にファミで行く予定だし(ってこれも既に過去の事ですがw)、パインウッドはソロデビューにはちょっとハードル高いかなと。
結局、夜景が見え、自宅から2時間以内行けて、あまりハードルも高くなさそうな黒坂オートキャンプ場に決定。

午前中にキャンプ場に到着しチェックイン。

20161002_105937.jpg

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山田大橋で陰陽道 [ ┣ 山田大橋キャンプ場]

相変わらずの亀更新ですが、年も明けてしばらくたつので四の五しのご言わずにチャッチャといきます。

去年の9月に山田大橋キャンプ場でグルキャンをしてきました。
元々は、わかばさん(改名されましたがブログネームはわかばのままなので本記事ではわかばさんで通しますw)、でん太郎さんの口下手3人衆でキャンプをやろうということで、近場の山田大橋キャンプ場にしようということに。
そこで、でん太郎さんが山田大橋に電話してみると、今はテントサイトは貸し切りしかやっていないとのコト。
(どうやら以前、違うグループのキャンパー同士でトラブルがあったそうで、以降同じグループ同士の貸し切りだけにしたそうです)
ということで、もう少し人数を増やして貸し切りで予約。

なんだかんだで集まったのは

わかばさん父子
でん太郎さん父子
redさん父子
やまたねさんファミリー
コショウさんファミリー
パープルレイン(パポ)さん母子
Shiho**さんファミリー
katsumushi父子

私がキャンプ場に着いたときはわかばさん、でん太郎さん、redさん、コショウさんは到着していて皆さん設営済み。
早速川に遊びに行きたがる次男を水着に着替えさせ川に降り、川遊びしているみんなに挨拶して次男を託します。


いつものごとく、どう張ったらよいか迷いながらも我が家の寝床のラゴと宴会幕の焚き火レクタを何とか設営。

20160910_160823.jpg

楽しみにしていた、職人の蕎麦遠目に見ながら夕食までだらだら過ごします。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お盆の避暑は嬬恋鹿沢キャンピングガーデンで [ ┗ その他キャンプ場]

遂に1か月以上更新が途絶えてしまいました...

が、気を取り直して、何事もなかったように半年近く前のキャンプ記事を書かせていただきます。

8/13~15のお盆期間中、2泊で群馬県の嬬恋鹿沢キャンピングガーデンに行ってきました。
昔、千葉の鴨川で熱帯夜キャンプを過ごして以来、夏のキャンプは涼しいところにしか行かないと決めている我が家。
嬬恋のなおかつ林間サイトでお盆を過ごすことに。


20160815_111857.jpg

管理棟でチェックインをします。(←当たり前のことですが、記憶が薄れているのでこれ以上の情報はひねり出せません)

続きを読む


道志の森で初ファミキャン [ ┣ 道志の森キャンプ場]

何か月も前のキャンプ記事の、亀更新の言い訳がいいかげんテンプレ化きたのでササッといきます。


7/22~24の2泊3日で道志の森キャンプ場に行ってきました。
ちなみに、道志の森は去年の9月に父子でグルキャンに参加してきたのですが、ファミキャンでは初になります。
うちの子供達の夏休みは7/21頃からだったと思うので(昔過ぎて記憶が曖昧)、夏休み入って直ぐのキャンプというわけですね。
ちなみに私も会社の夏休みが7/19~7/24だったので、平日の22日、金曜日からINしたというワケです。
まぁ、子供の都合がつけば、会社なんて平日休み取っちゃうんですけどね。
尚、カツムシの有給は9割方キャンプで消化しております。(キャンプ前日の仕込みを含む)

キャンプ場に着いたのが9時過ぎ。
そこから1時間近く場所探しに費やしました。
道志の森は経験済みといいつつ、前回は一番下の外れに張ってそこから一歩も出ていなくて、キャンプ場の全貌がどうなっているか皆目見当がつきません。
ただ、事前のリサーチによると、プール側のトイレがウォシュレット付きで綺麗らしいので、まずはプールを目指します。
が、プールの周りは既にそこそこ埋まっていて、よさげと思われるところも先客あり。
結局、トイレにそこそこ近く、川沿いで、ハビタット+焚き火レクタ張れるくらいのスペースが空いていた、

sitemap.jpg

赤丸のところに決定。


キャンプ場の通路沿いなので車の通りが気になるところですが、そこは我慢。


20160722_160716.jpg

続きを読む


タグ:道志の森
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

やっぱり気持ちがよかったキャンプラビット [ ┣ キャンプラビット]

皆様、9月の3連休はキャンプを楽しまれたでしょうか?
雨がちなお天気でしたが、雨のキャンプというのも、考えようによってはそれはそれでオツというものですね。

えっ私ですか?
3日間引き籠りでしたが何か?


・・・
やさぐれていても仕方ないので、溜まっているキャンプ記事を消化することにします。

遡ること3か月、6月11日・12日の1泊でキャンプに行ってきました。
梅雨のさなかのキャンプですが、暑くなる前にやっておきたかったことがあったのです。
これから涼しくなる時期に記事を書いているのに、暑くなる前ってのはおかしな話ですね。
とっとと記事を書かないからこういうコトになるといういい見本です。

ということで、とっとと書くためにサラッとうっすい記事になることをご了承ください。
自らハードルを地べたテーブル並みに下げたところで先に進みます。


お世話になったのは、那須のキャンプラビット
インスタグラムのフォロワーさんのお気に入りということで、前から気になっていたキャンプ場です。


管理棟でチェックインした際、最初に案内されたのは裏手に小川が流れているサイト(Fサイトだったような)
雰囲気が良くていい場所だったのですが、焚き火タープコットンレクタとアルフェイム19.6を張るにはちょっと狭い。

そうそう、暑くなる前にやりたかったというのがアルフェイムを張ることなんです。
去年の菅平高原で分かったのが、アルフェイムは決して夏向きのテントではないということ。
アルフェイムは年明けのC&C(スミマセン、ブログ記事は書いてません)で張って以来出番が無かったこともあり、言うなればアルフェイムを張りに来たキャンプでもあるわけなのです。

ところが、小川脇のサイトじゃ肝心のアルフェイムが張れない。
正確には、アルフェイムだけなら張れるけど、タープが張れない。
オープンタープが気持ちイイ時期にアルフェイムに籠るのはもったいない。

そこで、管理棟に戻り管理人さんに相談してみると、
「G-20なら以前アルフェイムを張っていた方がいるので大丈夫だと思いますよ。今日は予約が入っていないので、移動していただいて構いません。」
とG-20サイトを薦めてくれました。
こういう融通の利くキャンプ場はポイント高いですね。

とりあえずG-20サイトを見てから決めていい、とのことなので見に行きます。


20160612_110913.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

またまたひだまりファーム [ ┗ その他キャンプ場]

もう月一ペースの更新になってしまってスミマセン。
いつかAIがブログ記事を書く日も来るでしょうから、その日まではブログの灯を消さないようにしたいものです。

6月4日・5日の1泊でひだまりファームでキャンプをしてきた。
その前は、5月14・15日でもひだまりファームで家族キャンプをやったので、1ヶ月開けずにひだまりリピートになるワケ。
だ・である文体で判るように(いや、わからないか)、メンバーはやまたねファミリーとコショウファミリーの陰険な面々。
このキャンプの少し前に、やまたねファミリーとコショウファミリーでデイの川遊びした際、ワタシがやさぐれたのを不憫に思ったコショウさんがセッティングしてくれたキャンプなのである。
末っ子気質のコショウさんに気を使わせたのは、有り難いような情けないような。
まぁでも、キャンプに誘ってもらったら細かいことは気にせずホイホイ出かけるのが基本スタイルなので、二つ返事で快諾。
今回は壊れたスピーカーが居ないので、ひだまりファームは貸切りでなく普通の利用。
そういえば、ひだまりはもう何回も来てるけど、貸切りじゃないのは今回が初めて。

ちなみに我が家はカミサンが仕事の為、次男と父子での参加。

キャンプ場に到着、次男を車に残し管理棟で受付け。
管理人さんはワタシの顔を覚えていたらしく、「この間来たばかりなの説明はいいですよね」とサクッとチェックイン完了。
車に戻りふと後部座席を見ると、麦わら帽子を深くかぶった人影が目に入る。
明らかに次男より大きいサイズ。

『えっ、長男連れてきちゃった?!えっ?えっ?』

顔をあげた大きい次男の正体は、先に到着していたやまたねさん。
あ~やられた~、ビックリしたなもう~

父子のくせに荷物が多く、リアカーで3往復して何とか設営に取り掛かる。
しばらくするとコショウ家も到着。
ちなみに、事前に伝えていた時間より早くキャンプ場に着くとディスられるというコショウシステムがあるので要注意。

設営中子供達はやまたねさんとコショウさんに連れられ川に。

20160604_170328.jpg

捕ってきた魚をさばいている様子。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

家族キャンプ [ ┗ その他キャンプ場]

どうも
インスタグラムはほぼ毎日投稿してるのに、ブログは1ヶ月放置してしまったkatsumushiです。

いや~、ネタはあるんですけどねぇ。
このところ長文を書く気力と時間が無くて。
それと、ちょっとまとめてキャンプに行っていたので、週末にあいた時間が取れなかったのです。


と、軽く言い訳をしてから本題。

GW明けの次の週、5/14・15の1泊でひだまりファームで家族キャンプをしてきました。
家族キャンプといってもファミキャンではありません。

父: ゆらパパさん〔インスタID:@yurapapa_y〕(ゆら家)
母: かつをさん〔インスタID:@katsuwo1005〕(父子)
長女: あっこさん〔インスタID:@akkochan0705〕(急用により涙の欠席)
長男: ハンガーさん〔インスタID:@hungersan〕(ソロ)
次女: 赤帽さん〔インスタID:@akabow_sy〕(ゆら家)
末っ子: コショウさん(後述)

という家族設定でキャンプをするという、ちょっと変な、誤解を恐れずに言うとちょっと頭のおかしいキャンプです。
そしてなぜか私は、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定で呼んでもらったのです。
まぁ、設定といっても特に何するわけでもなく、「おにぃ」とか「妹!」とか「かつをママ」と時々思い出したようにお互い呼びあうだけなんですけどね。
ちなみに、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定は個人的にはお気に入りのポジション。

自分で書いているうちに恥ずかしくなってきたので、家族設定云々に関しては以下ぼんやり書くことにします。

キャンプ地となったひだまりファームは貸切りとさせてもらいました。(貸切とハンガーさんの関係と、鶏と卵の関係については後述)
で、貸切りキャンプあるあるのみんなどんどん呼んじゃえということになり。

最終的に
にゅーいぶしぎんさん〔インスタID:@new_ibusigin〕(ソロ)
ユッジさん〔インスタID:@yudege_nky〕(ソロ)
meetさん〔インスタID:@go_meet〕(ソロ)
タカヒロさん〔インスタID:@takahiro.0214〕(ソロ)
ユキさん〔インスタID:@sasayuki.cha〕(ファミ)
ひろんぱさん〔インスタID:@metaldet〕(父子)

と大人数過ぎて、家族設定もなんだかよくわからない状態に(笑)

とはいえ真面目(←誰かつっこんで~)な私、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定を忠実に守り、コーヒー関係の仕込みは万端にして当日のキャンプに臨んだのでした。

そうそう、今回の参加者はユキさんとハンガーさんを除いては、お馴染みだったりご挨拶したことあったりして、まぁだいたい勝手知ったるメンバーなのであまり緊張も無かったんですけど...

お初のハンガーさんがかなり強烈なキャラクターで、家族キャンプのLINEグループのトーク内容の感じから、『ちょっとダメかも...』と思ってたのです。
どんなふうにダメかというと、ハンガーさんはかなりグイグイくるタイプで、私自身はあまりグイグイ来る人は苦手というか、どう対応したらよいか分からなくなっちゃうんです。
一応、人見知りは辞めたんですけどね(笑)

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

軽井沢キャンプクレスト [ ┣ 軽井沢キャンプクレスト]

GW後半は5/3~5/5の2泊3日で軽井沢キャンプクレストに行ってきました。
前半に行ったカンパーニャ嬬恋とは同じようなエリアになります。
軽井沢・嬬恋方面はうちから下道で行ける距離なので、高速がGW渋滞になっても何とかなりそうっていうのがポイントです。
この辺りはエリア的に好きだってのが一番のポイントですが。

天気予報では中日の5/4に雨となっていて、しかも全国的に暴風らしい。
ところが軽井沢あたりの予報を見ると風はそれ程強くないらしく、風速5m/s程度。
決して弱くはないのですが、キャンプを中止するほどではありません。
そんな天候の中、頭を悩ませたのがテント選び。
これから夏のキャンプシーズンに入ってくると、暑くてアルフェイムは張りづらくなります。
ポリコットンだからというより、アルフェイムの構造上、風が抜けないというのが大きいです。
また、アルフェイムは年始のC&C以来張ってません。(雨続きの為)
なので、お久しぶり&しばらくお別れの張収めでアルフェイムを持って行きたかったのです。
撤収日は晴れ予報だからいいかなぁとも思ったのですが、吊り下げインナーを持っていない我が家の場合、アルフェイムだとお座敷スタイルになります。

お座敷スタイル → テントの出入りが面倒なので滞在中はサンダル履き → 雨 → サンダルだと足がべちょべちょ → アルフェイムの中がべちょべちょ

ワンコ → ミニチュアダックス → シャコタン → 雨 → お腹までべちょべちょ → アルフェイムの中がべちょべちょ

アルフェイムの中がびちょびちょになるので昼間はオープンタープの下で暮らす → 暴風雨 → オープンタープの下でびちょびちょになる → アルフェイムの中に逃げ込む →アルフェイムの中がびちょびちょ

色々シミュレーションした結果、アルフェイムの中がびちょびちょになるのが確定。

というコトで、今回もまたハビタットのお世話になることに。
雨キャンプ用として購入したハビタット。良くも悪くも大活躍です(笑)
お供のオープンタープは、久しぶりのシャドウキャスター165。
これまた遮光性的に真夏は辛いタープなので、まだ日差しが強くない時期に連れ出してあげないといけません。

そんな幕選びをしながら積み込みを終え、7時過ぎには自宅を出発。
それなりにGW渋滞が始まっていたので、東松山から関越道に乗って本庄児玉で一度降り、再び吉井から上信越道に乗るルートを選択。
結果的にこれが早道だったかどうかはよく分かりませんが、途中、軽井沢キャンパー御用達のTSURUYAで買い物をしても12時過ぎにはキャンプ場に着いたので良しとしましょう。
TSURUYAと言えば、この日の混みようは異常でした。
地元の方だけでこれほど混むんですかねぇ。それともキャンパーを含めた観光客がこぞって来ているのかしらん。

20160505_105854.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カンパーニャ嬬恋で救出キャンプ [ ┣ 無印良品カンパーニャ嬬恋]

GW前半は長男の部活やカミサンの仕事の都合で、早々とノーキャンプが決定していた。
(太陽と海の記事でこの文体の評判が良かったので、また挑戦)


ところが、ひょんなことからコショウ家がGW前半に無印良品カンパーニャ嬬恋でキャンプをすることを知る。
カンパーニャ嬬恋といえば、個人的には5本の指に入るお気に入りのキャンプ場である。
今年のGWも候補にあげたかったのだが、GWの予定がハッキリした時には予約は既にいっぱいの状態。
カンパーニャ嬬恋の草原サイトでアルフェイム張りたかったのに...

『嬬恋で星空写真頑張ってね』

とエールを送ると、

『来ればいいじゃない』

との返事。

いやいや空いてないでしょ・・・
と思いつつ、試しにカンパーニャ嬬恋の空き状況を見ると、4/30からの1泊で空きがあるじゃないの。
すぐさま予約を入れ、急遽GW前半のキャンプが決定!

が、長男の部活とカミサンの仕事の状況に変わりはなく、次男との父子キャンプとなる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

クーラーボックススタンドをウッディに [ ┣ クーラー・ジャグ]

久しぶりのDIYネタです。

あえて記事にはしていませんでしたが、私のInstaguramを見られている方や、近々のキャンプ記事の写真を細かくチェック(そんな人いるのか?)していた方はご存知でしょうが、最近の我が家のキャンプ道具(主にテーブル・ラック)は黒い鉄と木材の組み合わせに統一されつつあるんですね。
そこで、ざっと見渡してみると目についたのが、スチベルを乗せるクーラーボックススタンド。
コールマンのクーラースタンドを使ってます。






ガッシリした作りで中身満載のスチベル乗せてもビクともしないし、コンパクトに折りたためるし、機能的には何の問題もないのですが、いかんせんアルミ感満載なデザイン。
アイアンフレームラックと並べると、ちょっと違和感があるように思えてきて...

木製のスタンドや、スタンド代わりになるものを調べてみたのですが、スチベルの重さに耐えられそうで、コンパクトに収納できて、なおかつあまり高くないもの(←これ重要)となるとなかなか良いものが見つかりません。
『やっぱりこの構造に似た形で自作かなぁ』と思いつつ、コールマンのスタンドを眺めるのですが、折り畳みのジョイント部の構造をどうするかが課題。
使えそうな金具が市販されていないかググってみても、めぼしいものは見つからず...

更にコールマンのスタンドを眺める。

20160423_110504.jpg

このジョイント金具使えばいいじゃん!
良いものができたらどうせこのスタンドはお蔵入りになるのだから、大事に取っておく必要ないしね。

というコトで、コールマンのクーラースタンドを木製に替える改造をやってみることに。

続きを読む


前の10件 | -
メッセージを送る