So-net無料ブログ作成
 ┣ ふもとっぱらキャンプ場 ブログトップ

ふもとっぱらでうっすら会 -2015- [ ┣ ふもとっぱらキャンプ場]

久々のキャンプネタは、これまただいぶ過去のネタ。

真っ白に燃え尽きたパロイン。
実はその翌週の10/31~11/1に、Instaguramユーザー中心となる白熊会芋蟲組組長主催の第2回うっすら会が控えていたのです。
アルフェイムを購入したからにはNORDISKの集まりに参加してみたいと思っていて、うっすら会はその絶好のチャンス。
開催を知ってからは行きたいと思いつつ、うっすら会当日は家族の予定が合わないのと、パロイン後の連荘でちょっとキツイかなぁと直前まで悩んでました。

まぁでもせっかくなんで行ってみようと前日に決心し、おっさんひとりで会場のふもとっぱらに向かいました。
ちなみに、午前中は家で車を使う都合があったので午後からの出発。

15時過ぎふもとっぱらに到着すると、さっそくNORDISK幕の集団が目につきました。
いやおうなしにもテンションが上がります。
(ちなみに、芋蟲組といいつつもレイサやラゴのようなトンネル型のテント限定では無く、NORDISK幕、いやNORDISK幕以外も参加OK)

チェックインを済ませると、やまたねさんのレイサ6レガシーを探します。
何人か顔見知りやIGのフォロワーさんはいますが、ソロのおっさんにとって初めての集まりには身を寄せられるベースキャンプが必要なのです。

LINEでやまたねさんに連絡を取り、車で指示された場所に・・・


向かったつもりが、初めてのキャンプ場という事もあり迷子になりました。そう、キャンプ歴6年目にして今更ながらふもとっぱらデビューなのです。
と、それは置いておいて、やまたねさんを探さないと。
どうやらセンターハウスを挟んで反対側に来てしまったようです。

一旦分かれ道まで戻り仕切り直し。

すると、白黒のボーダーを来た怪しげな人がチョロチョロしているのが見えました。
脱獄犯が追っ手から逃げているのかしら?

よーく目を凝らしてみると、コショウさんでした。
迷子になった私を迎えに来てくれたようです。
ちなみに、コショウさんはデイ(正確には前日夜からの前乗り)ですが、私と同様やまたねサイトをベースキャンプとしての参加です。

脱獄犯(白黒ボーダー)の誘導でやっとこベースキャンプにたどり着きました。

ベースキャンプの大家(やまたね夫妻)に挨拶し、そそくさと設営を始めます。
持ってきたのは、まぁアルフェイムですよね。アルフェイム19.6 8-10人用のテントです。
そのアルフェイムにおっさんひとりが寝泊まりします。ソロです。ソロフェイムです。

ソロフェイムの設営中、トリックオアトリートが始まりました。
大家のおかみさんも白黒のボーダーを着て、練り歩く子供達を待ち構えます。
白黒ボーダーはウォーリーを探せのコスプレだったようです。

アルフェイムとムササビウイングを張ったところで、
「寒いなぁ~」
「コーヒー、コーヒー」

背中越しに脱獄犯が騒ぎ始めました。

しょうがないので、設営を中断してコーヒーを淹れてさしあげます。
某ブログでは設営後との記載がありますが、テント内のベッドメイキングが終わっていなかったことを、遅ればせながらご報告させていただきます。


20151031_163025.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
 ┣ ふもとっぱらキャンプ場 ブログトップ
メッセージを送る