So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

コットワン風コットの実力は? [ ┣ テーブル・チェア]

長らくブログの更新をサボっていた間、それなりにキャンプ道具も買い漁っていたわけですが。
金額的にもサイズ的にも大きいところでいうと、nemoのヘキサライト6Pキャニオン。

20181208_084040.JPG

これは、主にソロキャンプのシェルターか、グルキャンの宴会幕用として購入。
まぁ単純に、カッコイイから前から欲しかったというのが一番なんですが(笑)


一方、去年の11月に朝霧ジャンボリーで開催された、第5回うっすら会に参加してきまして。
うっすら会というのは、白熊会芋蟲組というノルディスクの芋蟲型テント(主にレイサ)ユーザーがうっすら集まってキャンプしようというのが始まりで、私も第2回から参加させてもらっています。
うっすら会の参加資格は、基本的には白熊会芋蟲組の組員なワケですが、うっすらの名の通り、張るテントはレイサ限定ではなく好きなのを張ってもOK。
なので、私は買って間もないヘキサライトを持参。


ヘキサライトはシェルターなのでインナーは付属しておらず、寝るにはそのままコット寝するか、何かのインナーテントを流用するか。
11月の朝霧は寒く、ヘキサライトはスカートがないので隙間風が入り、バロウバッグ#0でのコット寝はちと寒そう。

そこで、少しでも白熊会芋蟲組に寄せるためにノルディスクのスヴァルバードPU(Svalbard)をポチッと。
海外サイトならかなり安かったし、キャンプ場で張ってあるの見たことないレア幕で、天邪鬼(設定)の私好み。


本当はスヴァルバードにヘリノックスのコットワンを入れて寝たかったのですが、やってみるとコットワンが入らず、

20181104_081851.JPG

しかたないので、この時はインフレータブルマットを敷いて就寝。

が、やっぱり、一度コット寝しちゃうとコットの方がいいんですよねぇ。
コットワンの寸法は190×68、ライトコットの寸法は185×60

スヴァルバードの寸法図とコットワンを入れたときの入らなさ具合から推測すると
『コットワンは無理でもライトコットなら入りそうだなぁ』
と思って、調べ始めたところでやっと本題(笑)

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年キャンプ始めは山中湖フォレストコテージで [ ┗ その他キャンプ場]

前回更新からものすご~~~く間が空いてしまいましたが何事もなかったかのように進めます。
(単純にブログを書くのが億劫になってしまっただけで、身辺に変わりはありません)

2019年の始動キャンプは、1/4~1/6の2泊で山中湖フォレストコテージに行ってきました。
久々のファミキャンです。
ファミキャンとは言っても長男も高校生となりキャンプについてきてくれなくなってしまったので(もともとあまりキャンプが好きでない上に車酔いするのでロングドライブが苦手)、カミさんと次男とワンコの3人と1匹。
次男も今年から中学になり、GW明けからは部活も本格化するでしょうから、いよいよファミキャンもカウントダウン...
ま、しょうがないですね。

さて、山中湖フォレストコテージ
カミさんの
「富士山が見たい」
「湖畔がいい」
「寒いから電源が欲しい」
という、なかなかなハードルが高いリクエストがあったのですが、予定も不透明だったため予約を入れたのは12月に入ってから。
流石に年越しは空きがない感じでしたが、4日からは一番人気(と思われる)のオートキャンプ湖畔A1が空いていました。6日に帰宅してから片付けをして7日から出社は正月ボケの頭にはキツイスケジュールだけど、リクエストを叶えるためには仕方ないですね。
『みんなも6日はゆっくりしたいから空いてるのかしら』
なんて思ってもみたり。
ただ、空いていたのは別の理由もあったのかもしれませんが、それは後ほど。


20190105_104111.jpg

キャンプ場に到着したのはチェックイン時間30分前の11時半。
我が家の場合、早起きは苦じゃないので、大抵チェックイン前に着くように家を出てアーリーで入れるなら料金を払ってチェックインしちゃいます。(設営が遅いので早く入らないとのんびりできないw)
これまで他のキャンプ場の経験上、30分くらいならアーリー料金取られないのでその感覚でいたら、きっちりアーリーの500円加算されました。(こういう、企業が運営しているようなキャンプ場によくあるパターン)
だったら近所を散歩して時間潰せばよかったけれど、まーいいか。
それよりビックリしたのが宿泊台。
この日はトップシーズンで1泊なんと9,500円!
まぁでも、富士山見れるし、湖畔だし、電源付いてるし、お風呂も時間内は無料で入れるし、まーいいか。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電車deキャンプ -氷川キャンプ場ー [ ┗ その他キャンプ場]

去年2017年7月19日水曜の平日に行ってきたキャンプ記事になります。 

GWを間近に控えたこの時期、流石に去年のキャンプ記事を書くのは古すぎると思ったのですが、このキャンプだけは私のキャンプ人生の変わり目でもあるので外すことができません。
それは 


ザック2.jpg

電車deキャンプのデビュー戦だったのです。


続きを読む


nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

堂平天文台でボッチキャンプ -2017- [ ┣ 堂平天文台]

更新が途絶えてからもう半年経ちます。
仕事が忙しいのもありましたが、某ソーシャルゲーム(星ドラ)に時間と魂を取られてしまい、ブログを書くモチベーションはだだ下がり...


キャンプの方は月イチぐらいで行っていて、インスタグラムにはこまめにpostしてました。
むしろ、インスタにpostしているからブログの方はいいかなぁという気になっちゃってたのかも(汗)

これではイカンと久しぶりに記事を書きます。
2016年11月でキャンプ記事は止まってますが、2017年前半のキャンプのことなんて忘却の彼方。
時計は2017年11月まですっ飛びます。


2017年11月頭はうっすら会(USMT)という大型イベントに参加してきたのですが、人が多くてバタバタしていたのとなんだかんだで写真がほとんど撮れなかったので、こりゃリハビリキャンプが必要だなと。
ということで、昔から気になっていた堂平天文台「星と緑の創造センター」にソロでキャンプに行ってみようと。
このキャンプ場は観測所(今は稼働していないようですが)が設置してある堂平山にあり、星空が期待できるのですが、ペットNGなのでワンコのいる我が家では行けない場所だったのです。
せっかく星空を撮りに行くのだから極力いい条件にしようと、午後休を取り、月齢も良い11/17の金曜夕方から1泊で予約を入れました。


ところが、金曜は夕方から雨予報...
この時点で堂平山に行く意味合いはかなり薄れてしまいましたが、予約しちゃったし星空以外にもキャンプ目的があったので強行することに。


どんよりとした鉛色の空の下キャンプ上に到着。
「今日は冷えるから雪になるかもね~」なんて世間話にドキッとしながらチェックインして設営。

20171123_390_00001.jpg

あ、サーカスTC買いましたw(去年の6月ごろ)
※テント内以外の写真は全て翌日撮影

続きを読む


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

最後のピースを埋めに -くりの木キャンプ場 2016- [ ┣ くりの木キャンプ場]

お久しぶりでございます。
14日の県民の日を利用してキャンプ場に行ってきました。
6月15日〔千葉県民の日〕の間違いじゃありませんよ、11月14日〔埼玉県民の日〕です。(←ボケるためにわざわざ千葉県民の日を調べた)

という、去年のキャンプの記事に対するツカミはいつまでやらなきゃならないのだろう...

まぁとにかく、2016年の埼玉県民にとって、3連休となった県民の日は絶好のキャンプカレンダーだったのです。
こんな滅多にないチャンスに行ったのは、

修正後_20161113_144105.JPG

くりの木キャンプ場
前回心残りだった、最後のピースを埋めに(※)再訪。
※夜景と星空のコラボ写真を撮影すること

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

黒坂オートキャンプ場でぼっちデビュー [ ┗ その他キャンプ場]

もう半年経ってしまった去年の10月1日・2日の1泊で、黒坂オートキャンプ場に行ってきました。

このキャンプ、ある意味私にとって記念のキャンプでした。
どんな記念かというと

初めて完ソロに挑んだキャンプ、ぼっちキャンです。

『「テント張りたいね」とひとりで行ったから10月1日は、ぼっちキャン記念日』

以前から、ぼっちキャンプをするにあたってただキャンプに行くんじゃなくて、目標というかテーマを設定しなきゃねというのを考えてました。
それは、
・場所はロケーションがいいところ
・料理を少し頑張る

これが何を意味するかというと、写真映えするキャンプをしたいというワケなんですね。
まぁ、要するにブログやインスタグラムのネタ作りキャンプ。

ブログさぼってるけど(笑)


ロケーション的には、まずは夜景が綺麗なところをピックアップ。
パッと思いつくのはくりの木キャンプ場とパインウッドキャンプ場ですが、くりの木は11月にファミで行く予定だし(ってこれも既に過去の事ですがw)、パインウッドはソロデビューにはちょっとハードル高いかなと。
結局、夜景が見え、自宅から2時間以内行けて、あまりハードルも高くなさそうな黒坂オートキャンプ場に決定。

午前中にキャンプ場に到着しチェックイン。

20161002_105937.jpg

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山田大橋で陰陽道 [ ┣ 山田大橋キャンプ場]

相変わらずの亀更新ですが、年も明けてしばらくたつので四の五しのご言わずにチャッチャといきます。

去年の9月に山田大橋キャンプ場でグルキャンをしてきました。
元々は、わかばさん(改名されましたがブログネームはわかばのままなので本記事ではわかばさんで通しますw)、でん太郎さんの口下手3人衆でキャンプをやろうということで、近場の山田大橋キャンプ場にしようということに。
そこで、でん太郎さんが山田大橋に電話してみると、今はテントサイトは貸し切りしかやっていないとのコト。
(どうやら以前、違うグループのキャンパー同士でトラブルがあったそうで、以降同じグループ同士の貸し切りだけにしたそうです)
ということで、もう少し人数を増やして貸し切りで予約。

なんだかんだで集まったのは

わかばさん父子
でん太郎さん父子
redさん父子
やまたねさんファミリー
コショウさんファミリー
パープルレイン(パポ)さん母子
Shiho**さんファミリー
katsumushi父子

私がキャンプ場に着いたときはわかばさん、でん太郎さん、redさん、コショウさんは到着していて皆さん設営済み。
早速川に遊びに行きたがる次男を水着に着替えさせ川に降り、川遊びしているみんなに挨拶して次男を託します。


いつものごとく、どう張ったらよいか迷いながらも我が家の寝床のラゴと宴会幕の焚き火レクタを何とか設営。

20160910_160823.jpg

楽しみにしていた、職人の蕎麦遠目に見ながら夕食までだらだら過ごします。

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お盆の避暑は嬬恋鹿沢キャンピングガーデンで [ ┗ その他キャンプ場]

遂に1か月以上更新が途絶えてしまいました...

が、気を取り直して、何事もなかったように半年近く前のキャンプ記事を書かせていただきます。

8/13~15のお盆期間中、2泊で群馬県の嬬恋鹿沢キャンピングガーデンに行ってきました。
昔、千葉の鴨川で熱帯夜キャンプを過ごして以来、夏のキャンプは涼しいところにしか行かないと決めている我が家。
嬬恋のなおかつ林間サイトでお盆を過ごすことに。


20160815_111857.jpg

管理棟でチェックインをします。(←当たり前のことですが、記憶が薄れているのでこれ以上の情報はひねり出せません)

続きを読む


道志の森で初ファミキャン [ ┣ 道志の森キャンプ場]

何か月も前のキャンプ記事の、亀更新の言い訳がいいかげんテンプレ化きたのでササッといきます。


7/22~24の2泊3日で道志の森キャンプ場に行ってきました。
ちなみに、道志の森は去年の9月に父子でグルキャンに参加してきたのですが、ファミキャンでは初になります。
うちの子供達の夏休みは7/21頃からだったと思うので(昔過ぎて記憶が曖昧)、夏休み入って直ぐのキャンプというわけですね。
ちなみに私も会社の夏休みが7/19~7/24だったので、平日の22日、金曜日からINしたというワケです。
まぁ、子供の都合がつけば、会社なんて平日休み取っちゃうんですけどね。
尚、カツムシの有給は9割方キャンプで消化しております。(キャンプ前日の仕込みを含む)

キャンプ場に着いたのが9時過ぎ。
そこから1時間近く場所探しに費やしました。
道志の森は経験済みといいつつ、前回は一番下の外れに張ってそこから一歩も出ていなくて、キャンプ場の全貌がどうなっているか皆目見当がつきません。
ただ、事前のリサーチによると、プール側のトイレがウォシュレット付きで綺麗らしいので、まずはプールを目指します。
が、プールの周りは既にそこそこ埋まっていて、よさげと思われるところも先客あり。
結局、トイレにそこそこ近く、川沿いで、ハビタット+焚き火レクタ張れるくらいのスペースが空いていた、

sitemap.jpg

赤丸のところに決定。


キャンプ場の通路沿いなので車の通りが気になるところですが、そこは我慢。


20160722_160716.jpg

続きを読む


タグ:道志の森
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

やっぱり気持ちがよかったキャンプラビット [ ┣ キャンプラビット]

皆様、9月の3連休はキャンプを楽しまれたでしょうか?
雨がちなお天気でしたが、雨のキャンプというのも、考えようによってはそれはそれでオツというものですね。

えっ私ですか?
3日間引き籠りでしたが何か?


・・・
やさぐれていても仕方ないので、溜まっているキャンプ記事を消化することにします。

遡ること3か月、6月11日・12日の1泊でキャンプに行ってきました。
梅雨のさなかのキャンプですが、暑くなる前にやっておきたかったことがあったのです。
これから涼しくなる時期に記事を書いているのに、暑くなる前ってのはおかしな話ですね。
とっとと記事を書かないからこういうコトになるといういい見本です。

ということで、とっとと書くためにサラッとうっすい記事になることをご了承ください。
自らハードルを地べたテーブル並みに下げたところで先に進みます。


お世話になったのは、那須のキャンプラビット
インスタグラムのフォロワーさんのお気に入りということで、前から気になっていたキャンプ場です。


管理棟でチェックインした際、最初に案内されたのは裏手に小川が流れているサイト(Fサイトだったような)
雰囲気が良くていい場所だったのですが、焚き火タープコットンレクタとアルフェイム19.6を張るにはちょっと狭い。

そうそう、暑くなる前にやりたかったというのがアルフェイムを張ることなんです。
去年の菅平高原で分かったのが、アルフェイムは決して夏向きのテントではないということ。
アルフェイムは年明けのC&C(スミマセン、ブログ記事は書いてません)で張って以来出番が無かったこともあり、言うなればアルフェイムを張りに来たキャンプでもあるわけなのです。

ところが、小川脇のサイトじゃ肝心のアルフェイムが張れない。
正確には、アルフェイムだけなら張れるけど、タープが張れない。
オープンタープが気持ちイイ時期にアルフェイムに籠るのはもったいない。

そこで、管理棟に戻り管理人さんに相談してみると、
「G-20なら以前アルフェイムを張っていた方がいるので大丈夫だと思いますよ。今日は予約が入っていないので、移動していただいて構いません。」
とG-20サイトを薦めてくれました。
こういう融通の利くキャンプ場はポイント高いですね。

とりあえずG-20サイトを見てから決めていい、とのことなので見に行きます。


20160612_110913.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -