So-net無料ブログ作成

やっぱり気持ちがよかったキャンプラビット [ ┣ キャンプラビット]

皆様、9月の3連休はキャンプを楽しまれたでしょうか?
雨がちなお天気でしたが、雨のキャンプというのも、考えようによってはそれはそれでオツというものですね。

えっ私ですか?
3日間引き籠りでしたが何か?


・・・
やさぐれていても仕方ないので、溜まっているキャンプ記事を消化することにします。

遡ること3か月、6月11日・12日の1泊でキャンプに行ってきました。
梅雨のさなかのキャンプですが、暑くなる前にやっておきたかったことがあったのです。
これから涼しくなる時期に記事を書いているのに、暑くなる前ってのはおかしな話ですね。
とっとと記事を書かないからこういうコトになるといういい見本です。

ということで、とっとと書くためにサラッとうっすい記事になることをご了承ください。
自らハードルを地べたテーブル並みに下げたところで先に進みます。


お世話になったのは、那須のキャンプラビット
インスタグラムのフォロワーさんのお気に入りということで、前から気になっていたキャンプ場です。


管理棟でチェックインした際、最初に案内されたのは裏手に小川が流れているサイト(Fサイトだったような)
雰囲気が良くていい場所だったのですが、焚き火タープコットンレクタとアルフェイム19.6を張るにはちょっと狭い。

そうそう、暑くなる前にやりたかったというのがアルフェイムを張ることなんです。
去年の菅平高原で分かったのが、アルフェイムは決して夏向きのテントではないということ。
アルフェイムは年明けのC&C(スミマセン、ブログ記事は書いてません)で張って以来出番が無かったこともあり、言うなればアルフェイムを張りに来たキャンプでもあるわけなのです。

ところが、小川脇のサイトじゃ肝心のアルフェイムが張れない。
正確には、アルフェイムだけなら張れるけど、タープが張れない。
オープンタープが気持ちイイ時期にアルフェイムに籠るのはもったいない。

そこで、管理棟に戻り管理人さんに相談してみると、
「G-20なら以前アルフェイムを張っていた方がいるので大丈夫だと思いますよ。今日は予約が入っていないので、移動していただいて構いません。」
とG-20サイトを薦めてくれました。
こういう融通の利くキャンプ場はポイント高いですね。

とりあえずG-20サイトを見てから決めていい、とのことなので見に行きます。


20160612_110913.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

またまたひだまりファーム [ ┗ その他キャンプ場]

もう月一ペースの更新になってしまってスミマセン。
いつかAIがブログ記事を書く日も来るでしょうから、その日まではブログの灯を消さないようにしたいものです。

6月4日・5日の1泊でひだまりファームでキャンプをしてきた。
その前は、5月14・15日でもひだまりファームで家族キャンプをやったので、1ヶ月開けずにひだまりリピートになるワケ。
だ・である文体で判るように(いや、わからないか)、メンバーはやまたねファミリーとコショウファミリーの陰険な面々。
このキャンプの少し前に、やまたねファミリーとコショウファミリーでデイの川遊びした際、ワタシがやさぐれたのを不憫に思ったコショウさんがセッティングしてくれたキャンプなのである。
末っ子気質のコショウさんに気を使わせたのは、有り難いような情けないような。
まぁでも、キャンプに誘ってもらったら細かいことは気にせずホイホイ出かけるのが基本スタイルなので、二つ返事で快諾。
今回は壊れたスピーカーが居ないので、ひだまりファームは貸切りでなく普通の利用。
そういえば、ひだまりはもう何回も来てるけど、貸切りじゃないのは今回が初めて。

ちなみに我が家はカミサンが仕事の為、次男と父子での参加。

キャンプ場に到着、次男を車に残し管理棟で受付け。
管理人さんはワタシの顔を覚えていたらしく、「この間来たばかりなの説明はいいですよね」とサクッとチェックイン完了。
車に戻りふと後部座席を見ると、麦わら帽子を深くかぶった人影が目に入る。
明らかに次男より大きいサイズ。

『えっ、長男連れてきちゃった?!えっ?えっ?』

顔をあげた大きい次男の正体は、先に到着していたやまたねさん。
あ~やられた~、ビックリしたなもう~

父子のくせに荷物が多く、リアカーで3往復して何とか設営に取り掛かる。
しばらくするとコショウ家も到着。
ちなみに、事前に伝えていた時間より早くキャンプ場に着くとディスられるというコショウシステムがあるので要注意。

設営中子供達はやまたねさんとコショウさんに連れられ川に。

20160604_170328.jpg

捕ってきた魚をさばいている様子。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

家族キャンプ [ ┗ その他キャンプ場]

どうも
インスタグラムはほぼ毎日投稿してるのに、ブログは1ヶ月放置してしまったkatsumushiです。

いや~、ネタはあるんですけどねぇ。
このところ長文を書く気力と時間が無くて。
それと、ちょっとまとめてキャンプに行っていたので、週末にあいた時間が取れなかったのです。


と、軽く言い訳をしてから本題。

GW明けの次の週、5/14・15の1泊でひだまりファームで家族キャンプをしてきました。
家族キャンプといってもファミキャンではありません。

父: ゆらパパさん〔インスタID:@yurapapa_y〕(ゆら家)
母: かつをさん〔インスタID:@katsuwo1005〕(父子)
長女: あっこさん〔インスタID:@akkochan0705〕(急用により涙の欠席)
長男: ハンガーさん〔インスタID:@hungersan〕(ソロ)
次女: 赤帽さん〔インスタID:@akabow_sy〕(ゆら家)
末っ子: コショウさん(後述)

という家族設定でキャンプをするという、ちょっと変な、誤解を恐れずに言うとちょっと頭のおかしいキャンプです。
そしてなぜか私は、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定で呼んでもらったのです。
まぁ、設定といっても特に何するわけでもなく、「おにぃ」とか「妹!」とか「かつをママ」と時々思い出したようにお互い呼びあうだけなんですけどね。
ちなみに、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定は個人的にはお気に入りのポジション。

自分で書いているうちに恥ずかしくなってきたので、家族設定云々に関しては以下ぼんやり書くことにします。

キャンプ地となったひだまりファームは貸切りとさせてもらいました。(貸切とハンガーさんの関係と、鶏と卵の関係については後述)
で、貸切りキャンプあるあるのみんなどんどん呼んじゃえということになり。

最終的に
にゅーいぶしぎんさん〔インスタID:@new_ibusigin〕(ソロ)
ユッジさん〔インスタID:@yudege_nky〕(ソロ)
meetさん〔インスタID:@go_meet〕(ソロ)
タカヒロさん〔インスタID:@takahiro.0214〕(ソロ)
ユキさん〔インスタID:@sasayuki.cha〕(ファミ)
ひろんぱさん〔インスタID:@metaldet〕(父子)

と大人数過ぎて、家族設定もなんだかよくわからない状態に(笑)

とはいえ真面目(←誰かつっこんで~)な私、『隣に住んでいるコーヒー好きの変なおじさん』という設定を忠実に守り、コーヒー関係の仕込みは万端にして当日のキャンプに臨んだのでした。

そうそう、今回の参加者はユキさんとハンガーさんを除いては、お馴染みだったりご挨拶したことあったりして、まぁだいたい勝手知ったるメンバーなのであまり緊張も無かったんですけど...

お初のハンガーさんがかなり強烈なキャラクターで、家族キャンプのLINEグループのトーク内容の感じから、『ちょっとダメかも...』と思ってたのです。
どんなふうにダメかというと、ハンガーさんはかなりグイグイくるタイプで、私自身はあまりグイグイ来る人は苦手というか、どう対応したらよいか分からなくなっちゃうんです。
一応、人見知りは辞めたんですけどね(笑)

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

軽井沢キャンプクレスト [ ┣ 軽井沢キャンプクレスト]

GW後半は5/3~5/5の2泊3日で軽井沢キャンプクレストに行ってきました。
前半に行ったカンパーニャ嬬恋とは同じようなエリアになります。
軽井沢・嬬恋方面はうちから下道で行ける距離なので、高速がGW渋滞になっても何とかなりそうっていうのがポイントです。
この辺りはエリア的に好きだってのが一番のポイントですが。

天気予報では中日の5/4に雨となっていて、しかも全国的に暴風らしい。
ところが軽井沢あたりの予報を見ると風はそれ程強くないらしく、風速5m/s程度。
決して弱くはないのですが、キャンプを中止するほどではありません。
そんな天候の中、頭を悩ませたのがテント選び。
これから夏のキャンプシーズンに入ってくると、暑くてアルフェイムは張りづらくなります。
ポリコットンだからというより、アルフェイムの構造上、風が抜けないというのが大きいです。
また、アルフェイムは年始のC&C以来張ってません。(雨続きの為)
なので、お久しぶり&しばらくお別れの張収めでアルフェイムを持って行きたかったのです。
撤収日は晴れ予報だからいいかなぁとも思ったのですが、吊り下げインナーを持っていない我が家の場合、アルフェイムだとお座敷スタイルになります。

お座敷スタイル → テントの出入りが面倒なので滞在中はサンダル履き → 雨 → サンダルだと足がべちょべちょ → アルフェイムの中がべちょべちょ

ワンコ → ミニチュアダックス → シャコタン → 雨 → お腹までべちょべちょ → アルフェイムの中がべちょべちょ

アルフェイムの中がびちょびちょになるので昼間はオープンタープの下で暮らす → 暴風雨 → オープンタープの下でびちょびちょになる → アルフェイムの中に逃げ込む →アルフェイムの中がびちょびちょ

色々シミュレーションした結果、アルフェイムの中がびちょびちょになるのが確定。

というコトで、今回もまたハビタットのお世話になることに。
雨キャンプ用として購入したハビタット。良くも悪くも大活躍です(笑)
お供のオープンタープは、久しぶりのシャドウキャスター165。
これまた遮光性的に真夏は辛いタープなので、まだ日差しが強くない時期に連れ出してあげないといけません。

そんな幕選びをしながら積み込みを終え、7時過ぎには自宅を出発。
それなりにGW渋滞が始まっていたので、東松山から関越道に乗って本庄児玉で一度降り、再び吉井から上信越道に乗るルートを選択。
結果的にこれが早道だったかどうかはよく分かりませんが、途中、軽井沢キャンパー御用達のTSURUYAで買い物をしても12時過ぎにはキャンプ場に着いたので良しとしましょう。
TSURUYAと言えば、この日の混みようは異常でした。
地元の方だけでこれほど混むんですかねぇ。それともキャンパーを含めた観光客がこぞって来ているのかしらん。

20160505_105854.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カンパーニャ嬬恋で救出キャンプ [ ┣ 無印良品カンパーニャ嬬恋]

GW前半は長男の部活やカミサンの仕事の都合で、早々とノーキャンプが決定していた。
(太陽と海の記事でこの文体の評判が良かったので、また挑戦)


ところが、ひょんなことからコショウ家がGW前半に無印良品カンパーニャ嬬恋でキャンプをすることを知る。
カンパーニャ嬬恋といえば、個人的には5本の指に入るお気に入りのキャンプ場である。
今年のGWも候補にあげたかったのだが、GWの予定がハッキリした時には予約は既にいっぱいの状態。
カンパーニャ嬬恋の草原サイトでアルフェイム張りたかったのに...

『嬬恋で星空写真頑張ってね』

とエールを送ると、

『来ればいいじゃない』

との返事。

いやいや空いてないでしょ・・・
と思いつつ、試しにカンパーニャ嬬恋の空き状況を見ると、4/30からの1泊で空きがあるじゃないの。
すぐさま予約を入れ、急遽GW前半のキャンプが決定!

が、長男の部活とカミサンの仕事の状況に変わりはなく、次男との父子キャンプとなる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

クーラーボックススタンドをウッディに [ ┣ クーラー・ジャグ]

久しぶりのDIYネタです。

あえて記事にはしていませんでしたが、私のInstaguramを見られている方や、近々のキャンプ記事の写真を細かくチェック(そんな人いるのか?)していた方はご存知でしょうが、最近の我が家のキャンプ道具(主にテーブル・ラック)は黒い鉄と木材の組み合わせに統一されつつあるんですね。
そこで、ざっと見渡してみると目についたのが、スチベルを乗せるクーラーボックススタンド。
コールマンのクーラースタンドを使ってます。






ガッシリした作りで中身満載のスチベル乗せてもビクともしないし、コンパクトに折りたためるし、機能的には何の問題もないのですが、いかんせんアルミ感満載なデザイン。
アイアンフレームラックと並べると、ちょっと違和感があるように思えてきて...

木製のスタンドや、スタンド代わりになるものを調べてみたのですが、スチベルの重さに耐えられそうで、コンパクトに収納できて、なおかつあまり高くないもの(←これ重要)となるとなかなか良いものが見つかりません。
『やっぱりこの構造に似た形で自作かなぁ』と思いつつ、コールマンのスタンドを眺めるのですが、折り畳みのジョイント部の構造をどうするかが課題。
使えそうな金具が市販されていないかググってみても、めぼしいものは見つからず...

更にコールマンのスタンドを眺める。

20160423_110504.jpg

このジョイント金具使えばいいじゃん!
良いものができたらどうせこのスタンドはお蔵入りになるのだから、大事に取っておく必要ないしね。

というコトで、コールマンのクーラースタンドを木製に替える改造をやってみることに。

続きを読む


猿ヶ京温泉湯島オートキャンプ場 [ ┗ その他キャンプ場]

私が勤めている会社にはリフレッシュ休暇という制度がありまして、長い間働いていたご褒美として一週間休みがもらえるのです。
そのリフレッシュ休暇を使って、子供が春休みの間にキャンプに行こうと企んでいたのですが、長男の部活と塾にぶつかってしまい、結局、日曜を使った4月3日~4日の1泊だけ行ってきました。

利用したのは、群馬県の猿ヶ京温泉湯島オートキャンプ場

1泊なので最大限キャンプを満喫しようと早く出発し、アーリーチェックインを目指します。

まんてん星の湯に到着したのが10時30分。
何故にまんてん星の湯?
湯島オートキャンプ場は、車で5分ほど離れたまんてん星の湯でチェックインするシステムなのです。
アーリーチェックインは11時からですが、そのまま受付してもらえました。


20160403_104931.jpg

我が家が予約したのはA6サイト。
場所的にもまだ夜は冷え込むと思い、電源サイトを選択。
事前にキャンプ場マップをチェックした際、端で広そうだったのです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

太陽と海と黄色い悪魔と [ ┗ その他キャンプ場]

3月の3連休初日、私は次男と共に九十九里海岸に降り立った。
正確には、降り立ったのは海岸から250m離れた芝生の上、しかも雨に濡れた芝生、更に次男は車の中でDSをやっているので降り立ってすらない。
そこは、太陽と海というキャンプ場である、キャンプ場の詳細を知りたければここを読むとよいだろう。

今回、やまたね家パープルレイン(パポ)家コショウ家と共にキャンプをすることになっている。

キャンプ場にたどり着いたのは13時半。
メンバーはまだまだ来そうにない。
雨脚が強いので暫し車の中で待機。
スマホでInstagramのpost(投稿)なぞを眺める。
フォロワーさんも軒並みキャンプに出掛けているようだ。
私がノーキャンプの日はそんなpostを見てやさぐれるのであるが、今はやさぐれさせる側の人間だ。
そう思えば、雨の設営も苦にはならない。

そうこうしていると雨脚も弱まってきたので、意を決して車を出てレインウェアを着る。

そして、まだ誰も来る様子はない。


続きを読む


タグ:太陽と海

スプラッシュガーデン秩父 [ ┣ スプラッシュガーデン秩父]

特にキャンプの予定は入れていなかったのですが、新幕、ヨーレイカ(eureka!)のハビタット(HABITAT)がやってきた以上、キャンプに行かないわけにはいきません

という事で、3/5・6の1泊で、スプラッシュガーデン秩父にハビタット試し泊まりキャンプに行ってきました。

午前中は長男の部活があるので出発は午後。3月頭なのでまだちょっと寒い。
なので、比較的近場でAC電源サイトがあり、ガイドブックによると秩父のキャンプ場にしてはまぁまぁ広そうなスプラッシュガーデン秩父にした次第。

キャンプ前日、長男の部活が午後まであるかもしれない事が発覚。
最悪、私と次男とミニチュアダックスのららで先発隊を組んで設営をしておいて、長男が部活から帰ってきたらカミサンと長男がキャンプ場近くの駅まで電車で行くという、パロインスペシャルの発動も想定。

※パロインスペシャルとは、第3回パロインで編み出した私だけが先にキャンプ場に行き、設営してから家族を迎えに行く作戦です。まぁ、皆さん普通にやってますよね。


そしてキャンプ当日、お昼に部活から帰ってきた長男
「お昼食べてからまた部活に行く、帰ってくるのは14時半ごろかな」

パロインスペシャル発動!
部活の終わり時間はあてにならないので、次男とららだけ連れて12時前にキャンプ場に向かいます。

13時半頃キャンプ場に到着し、チェックイン。注意事項の説明を受けます。
注意事項は一般的なのものですが1点気になったのが、
「まだ夜は1℃や2℃になる事があるので、夜20時以降は水道を止めます。トイレは井戸水を使っているので流せます。」
というもの。
ふ~ん、じゃ20時までにジャグに水を汲んでおかないとだめか、と軽い気持ちで了解したのでした。

その時は...

続きを読む


ヨーレイカ ハビタットRS eureka! HABITAT RS [ ┣ テント・タープ]

ヨーレイカ ハビダットRS(eureka! HABITAT RS)をセカイモンで落札したのが1/26
最短で届けば2/6のキャンプに間に合うかも?なんて考えてましたが、海外発送をナメてました。

出品者(ドイツのショップ)からアムステルダムのセカイモン配送センターに商品が届いた、とメールが入ったのが2/6の夜。そう、キャンプの最中。
そのメールにはオーバーサイズの為国際送料再見積り中と、見たくなかった一文も添えられて...

ギリギリ通常料金でいけると思ったんですけどねぇ。
まぁでもしょうがない、料金確定の連絡を待ちます。
待つこと4日、2/10の夕方に料金確定と銀行振り込みの連絡がきます。
おっと、翌日2/11は建国記念日で祝日じゃないの銀行振り込みできないじゃん。ここでまた1日ロス。
2/12 入金の確認メール。発送手続きを進めるとの事。
2/15 商品発送のメール。やっと発送だ!と思ってステータスを見ると『2/17 Shipping』ってまたここで足止め。
2/18 通関のお知らせメール。遂に日本上陸。国内に入ればこっちのモノ、翌日2/19には届くでしょ。20日の土曜には試し張りできるかも!

ところがどっこい、『らくらく家財宅急便』だからお届け日は別途連絡だって。
最後までヤキモキさせられます。

結局届いたのは2/20の夕方。
なんだかんだで、1ヶ月近くかかっちゃいました。
どこかのサイトで、『セカイモンはヤフオクの10倍日数が掛かる』と書いてありましたが、金言だと思います(笑)

「この日まで欲しい!」なんてモノは、十分に時間に余裕を見て落札しないと悲しい思いをすることに。
特に、オーバーサイズの可能性があるものはご注意を。


さて、愚痴はこれぐらいにして、ハビタットを試し張りしてきたのでそのレビュー記事になります。
『eureka habitat』で検索してもショップの通販記事ばかりで、ハビタットのレビュー記事なんてものは見当たりません。
メーカーのHPもあまり細部まで写っている写真は無いし。
しかも微妙に他の商品の写真も混じっているみたいだし。
結構ギャンブルの買い物でした。

あえて言おう!人柱であると!

続きを読む